FC2ブログ

07月≪ 2018年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2018.05/24(Thu)

PSPPメニューの日本語化

PSPPのメニューの日本語化でなぜか,日本語化されない単語がいくつあった。

原因がわからないのでウクライナ版のファイルを調べて比べてみた。

分かったことは微妙な違い。この違いがなんなのかは分からずじまい。元々の英語に問題があるのかもしれない。

例えば
msgid "Clear _Variables"
msgstr "変数の削除"

msgid "Cl_ear Cases"
msgstr "ケースの削除"

msgid "K _Independent Samples..."
msgstr "K_個の独立したサンプル検定"

必要の無いところに空白があったり,「_ 」の位置が違っていたりで翻訳されていないことが判明。
以下の修正を加えた。
--------------
msgid "_Open"
msgstr "開く"

msgid "_New"
msgstr "新規作成"

msgid "_Quit"
msgstr "終了"

msgid "_Import Data..."
msgstr "データの取り込み..."

msgid "_Display Data File Information"
msgstr "データ情報表示"

msgid "_Recently Used Data"
msgstr "最近利用したデータ"

msgid "_Insert Variable"
msgstr "変数の挿入"

msgid "_Insert Case"
msgstr "ケースの挿入"

msgid "Cu_t"
msgstr "カット(_C)"

msgid "_Paste"
msgstr "ペースト"

msgid "Clear _Variables"
msgstr "変数の削除"

msgid "Cl_ear Cases"
msgstr "ケースの削除"

msgid "_Go To Variable..."
msgstr "変数へ移動"

msgid "_Go To Case..."
msgstr "ケースへ移動"

msgid "_Chi Square..."
msgstr "カイ二乗検定"

msgid "_Runs..."
msgstr "ラン検定"

msgid "_1 Sample K-S..."
msgstr "1サンプル・コルモゴロフ–スミルノフ検定"

msgid "_2 Related Samples..."
msgstr "2個の連関サンプル検定"

msgid "_K Related Samples..."
msgstr "K個の連関サンプル検定"

msgid "K _Independent Samples..."
msgstr "K_個の独立したサンプル検定"

msgid "_Factor:"
msgstr "要因(_F):"

msgid "_Factor Analysis..."
msgstr "因子分析"

msgid "_Univariate Analysis..."
msgstr "一般線形モデル・一変量(_U) ..."
-------------------
修正されたpspp.poファイルをpoeditorでpspp.moファイルにコンパイルして,
C:\Program Files\PSPP\share\locale\ja\LC_MESSAGES\
にコピーすれば日本語化される。


スポンサーサイト
16:10  |  統計  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.05/24(Thu)

PSPPの日本語化

無料の統計ソフトでSPSSクローンのPSPPについて日本語化できたので方法を記しておく。

まず、PSPPの日本語ファイルは
C:\Program Files\PSPP\share\locale\ja\LC_MESSAGES\
の中にあるPSPP.moファイルにある。

といっても拡張子moのファイルはコンパイルされたもので、そのままでは読めない。

そこで
http://tools.konstruktors.com/
にアクセスするとpspp.moファイルをpspp.poファイルに変換できる。逆にpspp.poファイルをpspp.moファイルに変換もできる。

もう一つの方法は
https://ja.osdn.net/projects/sfnet_poedit/
から poedit をインストールすること。これは翻訳専用エディタでpspp.poファイルを読み込み、
pspp.moファイルにコンパイルもできる。

この作業で問題になるのが、Program Filesにアクセス許可がないと言って保存やコピーができなくなること。
管理者権限でアクセス許可を与えるとよいのらしいのだが(こんなことはWindows10から?!)、
面倒なことこの上ない。こんなときは、いつも使っているAsrというファイラーなら権限無視を
してくれるので、これに頼る。

こうして拡張子pspp.poのファイルができれば、普通のテキストファイルなのでエディタで読める。

まず、エディタの置換機能で
「有意水準」→「確率」
「郡内」→「群内」
「ラベル」→「変数ラベル」
「変数ラベル」→「値ラベル」
などを修正。

あとは
msgid "English"
msgstr "日本語"
のように英語一行、日本語訳一行で書き込めば良い。

注意することは出力内容は、そのまま
msgid "df"
msgstr "自由度"
のようにすればよいが、メニューの場合には
msgid "_New"
msgstr "新規作成"
のように英語の前にアンダースコア「_」をつけるということ。

-----------以下を追加や修正---
msgid "_Open"
msgstr "開く"

msgid "_New"
msgstr "新規作成"

msgid "_Import Data..."
msgstr "データの取り込み..."

msgid "_Display Data File Information"
msgstr "データ情報表示"

msgid "_Recently Used Data"
msgstr "最近利用したデータ"

msgid "_Insert Variable"
msgstr "変数の挿入"

msgid "_Insert Case"
msgstr "ケースの挿入"

msgid "_Cut"
msgstr "カット"

msgid "_Paste"
msgstr "ペースト"

msgid "_Clear Variables"
msgstr "変数のクリア"

msgid "_Clear Cases"
msgstr "ケースのクリア"

msgid "_Go To Variable..."
msgstr "変数へ移動"

msgid "_Go To Case..."
msgstr "ケースへ移動"

msgid "_Chi Square..."
msgstr "カイ二乗検定"

msgid "_Runs..."
msgstr "ラン検定"

msgid "_1 Sample K-S..."
msgstr "1サンプル・コルモゴロフ–スミルノフ検定"

msgid "_2 Related Samples..."
msgstr "2個の連関サンプル検定"

msgid "_K Related Samples..."
msgstr "K個の連関サンプル検定"

msgid "_K Independent Samples..."
msgstr "K個の独立サンプル検定"

msgid "_Factor Analysis..."
msgstr "因子分析"

msgid "_Univariate Analysis..."
msgstr "一般線形モデル・一変量(_U) ..."
---------------------

書き換えたpspp.poファイルをpspp.moファイルに変換。
もとのディレクトリのpspp.moファイルと置き換えれば、PSPPで英語のまま
だったところが日本語化される。

とはいえ、なぜか日本語にならないところも少しある。原因は不明。
00:31  |  統計  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.05/23(Wed)

PSPPの誤訳

SPSSの無料クローンとしてGNUのPSPPがある。メニューもSPSSとほぼ同じで
統計機能もそれなりに備えている。

しかし,メニューの誤訳が気になっていた。
「変数ラベル」とすべきところが,ただの「ラベル」,
「値ラベル」とすべきところが「変数ラベル」となってしまっている。

バージョンが新しくなるのに日本語翻訳もついていけないようで
前のバージョンで日本語化されていたところが,英語にもどっていたりもする。

とりあえず,自分や周りが利用する分については修正する方法が分かった。

https://note.mu/xinzuzhai/n/n69dba91ff79f

元のリンクが消える危険があるので,ここでも手順を再掲しておく。
---------------
PSPP\share\locale\ja\LC_MESSAGES\
に入っている「pspp.mo」を任意の場所にコピーして、1つはバックアップにし、もう1つを編集ファイルにする。

http://tools.konstruktors.com/

などのサービスを使って、.moファイルを.poファイルに変換する。これでテキストファイルになるので、閲覧編集が可能になる。
---------------
上記の著者はp値が「有意水準」とあるのを「有意確率」に変更していた。
これは本家のSPSSでも有意水準という誤訳になっている。

でも,変更するなら「有意確率」というよりただの「確率」とすべきところかもしれない。

ついでに「郡内」→「群内」も修正。

本当は翻訳されたファイルが公開されれば一番良いのだが,どうすれば翻訳チームに加わることができるのか
わからないので仕方が無い。
16:42  |  統計  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.05/23(Wed)

FFFTPのエラー

FFFTPのエラーでつながらない。つながっていた頃の設定を復元してもダメ。

心当たりのあるパスワードを試してもダメ。いろいろ試行錯誤して確認したら,
パスワードに間違いはない。

これは昨年もやった失敗で,この備忘録にも載せていた。しかし,1年もたつと
忘れてしまう。

要は,FC2ホームページの場合,書きかえが6ヶ月間ないと自動的に
FTP接続ロックがかかってFTP接続がエラーになるということが原因。

FTPが乗っ取られると,大変だということでロックにするようにしているらしいのだが,
トラブルのもとであるのも確か。

FC2IDでログインしてFTP接続ロック解除すればよいのだが,そのIDやパスワードも
記憶があやしくて時間をくってしまった。
14:47  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.04/24(Tue)

TeXのdviからPDFファイル作成

現在のTeXからPDF作成で利用している手順。

tex → dvi → ps → pdf

platex/uplatex などで DVI を,dvips で DVI→PS,ps2pdf (GhostScript) か "Adobe Acrobat Distiller DC" で ps → pdf

DOS窓で以下を入力
dvips -Ppdf -o foo.ps foo.dvi

普通にTeXのdviファイルからPDFを作成すると回転させた図が抜けたり,
図から文字が抜けたりするが,上記の手順なら今のところOK。
18:05  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.03/29(Thu)

TeXで図からフォント抜け

TeXでDVIファイルを作成して,ファイルメニューからdviprtでPDFファイルを作成すると
なぜか図からフォント抜け。フォントを埋め込むとかしなくてはいけないのかも。

仕方が無いので,DVIファイルからPSファイルを作成して,Adobe DistillerでPDF
ファイルを作成することにする。

方法はDOS画面から
dvips -Ppdf -o foo.ps foo.dvi
と入力。foo.psファイルができる。

あとはDistillerでPDFファイルを作成。
18:59  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.03/24(Sat)

TeXのfancyのヘッダー幅

Fancyhdr.styでヘッダーを変更しようとすると,ヘッダーの幅が本文に比べて
狭くなってしまう。

想定している版面が違うのかななどと思っていたら,同じような悩みを他で見つけた。

結論を言えば,
\pagestyle{fancy}を指定した時点の文書幅からヘッダー幅も決まる。
今回は文書幅を指定する\textwidth43zwが\pagestyle{fancy}より後に
指定されていた。

順序を変えて先に
\textwidth43zw
後に
\pagestyle{fancy}
として解決。

14:50  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.03/23(Fri)

イラストレータの肌色

イラストレータで肌色は
C0 M21 Y30 K0
R246 G222 B197
21:55  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.03/23(Fri)

小口に章タイトルとページ番号

本の綴じている側をノド,裁断側を小口という。

TeXの通常のJbookだと,ヘッダでページ番号と章タイトルは
左右が逆にでるようになっている。偶数ページか奇数ページか
次第で左にページ番号なら右には章や節タイトル,逆に右に
タイトルなら左にページ番号という具合。

問題は章や節タイトルとページ番号を同じところに出力したい
という場合。今まで,そんなことは考えたことがなかったが,
見るとそんな本もそれなりにある。

どうするかでかなり苦労した。

まず,fancyhdr.styをダウンロードして解凍。フォルダーに持ってくる。
以下をTeX文書内に書いて終了
---------------------
\usepackage{fancyhdr}
・・・
\pagestyle{fancy}
\fancyhead{}
\fancyhead[RO]{\rightmark  \thepage}
\fancyhead[LE]{\thepage  \leftmark}
\renewcommand{\chaptermark}[1]{\markboth{第\ \thechapter\ 章~#1}{}}
\renewcommand{\headrulewidth}{0.0pt}
----------------------
ここで \thepage はページ番号を,\rightmark は右のタイトル,
\leftmark は左タイトル,\fancyheadのあとの[LO]は
左(Left)の奇数(Odd)ページ,[RE]は右(Right)の偶数(Even)ページを
意味するようだ。
\renewcommand{\headrulewidth}{0.0pt}で線の細さを0.0ptにしているのは
罫線をヘッダにつけないため。なぜか,短い罫線がでたので。

こんなことを知るだけでずいぶん時間がかかった。
21:47  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.03/22(Thu)

空白ページ

本などで章は奇数ページから始める。偶数ページから始まるときは空白のページを入れる。

以前やっていたが,どうやるか忘れている。

ページ番号だけの空白ページ
----------------------------
\pagebreak
\thispagestyle{myheadings}
\markboth{}{} %ページ番号だけがある空白ページの挿入
_ 
\pagebreak
----------------------------

ページ番号も何もない空白ページ
----------------------------
\pagebreak
\thispagestyle{empty}
_ 
\pagebreak
----------------------------
なお,_のところは空白全角の意味
16:26  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。