06月≪ 2018年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2018.04/24(Tue)

TeXのdviからPDFファイル作成

現在のTeXからPDF作成で利用している手順。

tex → dvi → ps → pdf

platex/uplatex などで DVI を,dvips で DVI→PS,ps2pdf (GhostScript) か "Adobe Acrobat Distiller DC" で ps → pdf

DOS窓で以下を入力
dvips -Ppdf -o foo.ps foo.dvi

普通にTeXのdviファイルからPDFを作成すると回転させた図が抜けたり,
図から文字が抜けたりするが,上記の手順なら今のところOK。
スポンサーサイト
18:05  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.03/29(Thu)

TeXで図からフォント抜け

TeXでDVIファイルを作成して,ファイルメニューからdviprtでPDFファイルを作成すると
なぜか図からフォント抜け。フォントを埋め込むとかしなくてはいけないのかも。

仕方が無いので,DVIファイルからPSファイルを作成して,Adobe DistillerでPDF
ファイルを作成することにする。

方法はDOS画面から
dvips -Ppdf -o foo.ps foo.dvi
と入力。foo.psファイルができる。

あとはDistillerでPDFファイルを作成。
18:59  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.03/24(Sat)

TeXのfancyのヘッダー幅

Fancyhdr.styでヘッダーを変更しようとすると,ヘッダーの幅が本文に比べて
狭くなってしまう。

想定している版面が違うのかななどと思っていたら,同じような悩みを他で見つけた。

結論を言えば,
\pagestyle{fancy}を指定した時点の文書幅からヘッダー幅も決まる。
今回は文書幅を指定する\textwidth43zwが\pagestyle{fancy}より後に
指定されていた。

順序を変えて先に
\textwidth43zw
後に
\pagestyle{fancy}
として解決。

14:50  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.03/23(Fri)

小口に章タイトルとページ番号

本の綴じている側をノド,裁断側を小口という。

TeXの通常のJbookだと,ヘッダでページ番号と章タイトルは
左右が逆にでるようになっている。偶数ページか奇数ページか
次第で左にページ番号なら右には章や節タイトル,逆に右に
タイトルなら左にページ番号という具合。

問題は章や節タイトルとページ番号を同じところに出力したい
という場合。今まで,そんなことは考えたことがなかったが,
見るとそんな本もそれなりにある。

どうするかでかなり苦労した。

まず,fancyhdr.styをダウンロードして解凍。フォルダーに持ってくる。
以下をTeX文書内に書いて終了
---------------------
\usepackage{fancyhdr}
・・・
\pagestyle{fancy}
\fancyhead{}
\fancyhead[RO]{\rightmark  \thepage}
\fancyhead[LE]{\thepage  \leftmark}
\renewcommand{\chaptermark}[1]{\markboth{第\ \thechapter\ 章~#1}{}}
\renewcommand{\headrulewidth}{0.0pt}
----------------------
ここで \thepage はページ番号を,\rightmark は右のタイトル,
\leftmark は左タイトル,\fancyheadのあとの[LO]は
左(Left)の奇数(Odd)ページ,[RE]は右(Right)の偶数(Even)ページを
意味するようだ。
\renewcommand{\headrulewidth}{0.0pt}で線の細さを0.0ptにしているのは
罫線をヘッダにつけないため。なぜか,短い罫線がでたので。

こんなことを知るだけでずいぶん時間がかかった。
21:47  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.03/22(Thu)

空白ページ

本などで章は奇数ページから始める。偶数ページから始まるときは空白のページを入れる。

以前やっていたが,どうやるか忘れている。

ページ番号だけの空白ページ
----------------------------
\pagebreak
\thispagestyle{myheadings}
\markboth{}{} %ページ番号だけがある空白ページの挿入
_ 
\pagebreak
----------------------------

ページ番号も何もない空白ページ
----------------------------
\pagebreak
\thispagestyle{empty}
_ 
\pagebreak
----------------------------
なお,_のところは空白全角の意味
16:26  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2018.01/17(Wed)

TeXのen dashとem dash

TeXでのダッシュの使い方。

例えば、pp.15-20.のような場合、半角で「-」と打つと見た目は問題ない。
がしかし、出版社から en dashにしろと指摘されることもある。

どうも、「-」が短すぎるらしい。

ダッシュにも en dash と em dash の区別があり、en dashは「n」の長さのダッシュ、
em dashは「m」の長さのダッシュと微妙に違うということらしい。

というわけで pp.15-20.として使う場合には半角「-」を2個つなげれば、ちょうど
よい n dashになる。これは基本らしいのだが、こんなことを今さら知るとは・・・。
17:20  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.12/27(Wed)

Akashaのエラー

TeXエディターのAkashaを愛用している。よくできたシェアウェアなのだが、問題もある。
以前、作者に相談したのだが、バージョンが上がっても解決されていないので、その
問題点と対策を書いておく。

いつ、それが起きるのかがよく分からない。検索や置換の時なのか、カーソルでスクロール
しているのときなのか、あるいはコンパイルの時なのか。

ただ、現象は2つではっきりしている。
大きくて複雑な表で「\\」が「\」とひとつ¥が消えてしまう。
もう一つはやはり表中で「\hline」が「\hlin」と最後の「e」が消えてしまう。

当然、エラーになる。¥が消えると「Extra alignment tab has been changed to \cr.」
\hlineが\hlinになったときはエラーメッセージに\hlinも文字が出るのでわかりやすい。

対策1:エラー行をみて、目視で修正→毎回やる羽目になるのでどうか。
対策2:最後の文字が消えるのが分かっているので問題が出やすい表中では
\hlineや\\のあとに余分な空白を付けておく。

Akashaのバグには間違いないだろうが、再現性が低いと作者も対応しようが
ないのかもしれない。
18:37  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.11/06(Mon)

TeXで図の余白を削除

TeXに入れる図がパワポの図だったりすると、epsファイルに変換しても図の余白が出てしまう。

この余白をなくすために苦労したので書いておく。

問題はillustratorの使いにくさ。どの操作も直感的ではない。だからたかだか余白をなくす程度の
ことでも無駄に時間を食う。

やり方:
1)長方形ツールで切り取りたい範囲を囲む。
2)真っ黒な長方形で図が見えなくなったりするので、「カラー」と「カラーガイド」という
タブのついたフローティングしているウインドウで□に赤のチェックのところをいろいろクリックしてみる。
ここは塗りのコントロールをしているので、真っ黒が消えて図が見えるようになったらOK
3)長方形ツールをやめて、黒矢印の選択ツールを選ぶ(案外、ここでつまずいていた)。
4)Shiftキーを押しながら、長方形ツールで選択した範囲と切り抜き前の余白込みの範囲を同時に
選択した状態にする.
5)メニューの「オブジェクト」「クリッピングマスク」「作成」を選択。
6)メニューの「オブジェクト」「アートボード」「選択オブジェクトに合わせる」
7)別名保存する(あるいは書き出し?)
18:40  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.07/11(Tue)

ラベルと参照の番号が対応しない

LaTexで出してみるとなぜかラベルと参照が対応していない。

図1になるはずが、図3となってしまう。

原因はラベルの位置。

¥label {ここの図]
¥caption {タイトルはこれだ}
となっていたのでおかしなことになっていた。

¥caption {タイトルはこれだ}
¥label {ここの図]
で解決。

要はラベルはキャプションのすぐあとにつけろということ。
17:21  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2017.06/22(Thu)

TeXでルート記号がずれる

LaTeXでdvi出力をみるとルート記号の縦部分だけが上にずれてしまっている。

前にもこんなことがあったと思うのだが、そのときは修正したもののOSを
入れ替えてクリーンインストールした際にパッチ情報も消えてしまったのだろう。

たしかBaKoMaというフォントのバグだったような気がして調べてみると
案の定。フォントを入れてみたが、一部しか修正されない。

結局、以下から自動修正パッチをダウンロードして修正したら直った。
ftp://akagi.ms.u-tokyo.ac.jp/pub/TeX/font/bakoma/FixBKM.msi
15:49  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。