10月≪ 2006年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2006.11/27(Mon)

重量という言葉

重量と質量は同じ意味ではなく、質量を使う方向があるらしい。

これは引力と重力の違いみたいなものなのかもしれないが、ほとんど意識したことがなかった。

たぶん、今の高校生とかはきちんと習っているのだろう。
スポンサーサイト
22:38  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11/26(Sun)

Mathmedia

Mathmedia
学校や会社で役立つ本格的な数式処理

http://www.gulf.or.jp/~damayan/math/

シェアウェアの数式処理ソフト。3000円は安いが、無料の数式処理ソフトがたくさんあるので、そのあたりはどうか。ただ無料の数式処理ソフトは英語の壁があるので、これが、どの程度日本語化されているのが差別化につながるのだろうか。

日本で数式処理ソフトを開発している人がいたという事実に驚く。
15:16  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11/24(Fri)

Magic Talker's

現在使用中のマジックトーカーズはEP-8000J。朝のネットサーフィン中はこれを聞く。

他にも各種のマジックトーカーズが出ている。新製品に手を伸ばしてみたいが、種類が多すぎて訳が分からない。新しい製品を投入したなら、過去の製品との機能比較一覧ぐらいは出すべきと思うのだが。

仕方がないので、こんなときに頼りにするWikipediaを覗くも、記事はなし。
18:21  |  英語  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11/21(Tue)

疑似乱数発生法Mersenne Twister

乱数を研究する必要を感じてネットを漁る。

広島大学の松本眞先生の疑似乱数発生法Mersenne Twisterに行き当たる。
http://www.math.sci.hiroshima-u.ac.jp/~m-mat/index.html

PDFとかも用意されている。ただ専門じゃない人間には難しい。こういうのは本人から直接話を聞けばわかりやすいのかもしれない。
00:12  |  統計  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11/20(Mon)

Winmira

winmiraというソフトの存在を知る。

以下 早稲田の豊田研究室HPから----
集団の異質性を探る潜在混合分布ラッシュモデル
母集団が未知の異質な集団の混合であると想定するという潜在クラスの考え方を導入した潜在混合分布ラッシュモデルについて,WINMIRA 2001による分析方法を示しながら解説を行います.
発表者:中村健太郎
--------------------

豊田研究室が豊富にプログラムを揃えているのに関心した。

ソフトのHPは以下
http://72.9.248.90/~svfklumu/wmira/

http://stat.eco.toyo.ac.jp/~michiko/latent/sld001.htm
には東洋大、渡辺美智子先生の潜在構造分析の資料があった。
12:15  |  統計  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11/18(Sat)

Lazarus

LazarusというRADが開発中ということを初めて知る。これでDelphiがなくなっても、FreePascalとLazarusが存在している限り、Delphiの知識資産は活用できそうだ。

Wikiより以下引用
------------
Lazarus は、クロスプラットフォームのヴィジュアルプログラミング統合開発環境である。オープンソースのPascalコンパイラであるFree Pascal向けに開発された。これはPascal及びObject Pascalプログラマのために、RADの一つであるDelphiのクローンを作ろうとするものである。
------------

画面を見る限り、Delphiに似ている。日本語化もいずれ進めば、教育用にも使えるようになるかもしれない。
22:15  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11/14(Tue)

goo rss readerのエラー

goo RSSリーダーがエラーを起こすようになった.再インストールしても同じ.

python23.dllがないという.確かに検索してみると,そんなライブラリは存在しない.

仕方がないのでネットでダウンロードして指定のディレクトリで解凍,問題を解決.
14:58  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11/11(Sat)

またもウイルス

またもゼミ室のパソコンがウイルス感染.今回はノートンが検出して隔離してくれた.infostealer.leaneageとかいうウイルスでオンラインゲーム「リネージュ」の情報を盗み出すものらしい.

AAA[1].exe とかいういかにも怪しげなプログラムが1個検出されていた.

が,...やはりノートン.ダメダメな気配.なぜかというと手動で怪しげなプログラムを探してみると上記とそっくりの実行プログラムがほかに3つのフォルダーに隠されているのに検出されていない.

仕方がないので,手動で削除して一応クリーンにした.やはりNODにしたいのだが,大学のパソコンなのでデフォはノートン.かといって自腹はバカバカしい.いっそ,Winprotectorとかにするのも手なのかもしれないが,HDD容量が少ないのでそれも難しい.

問題はどこから進入されているのかだ.ノートンとOutpostFirewallがあって,定義ファイルもウインドウも最新に常にアップデートしているのに・・・
17:02  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11/11(Sat)

ドラマ Super natural

ドラマ24はVシーズンを見終えたので,「Super natural」をVol.6まで見る.「X-Files」を支持した視聴者層には受けそう.

しかし,このDVDには少し文句がある.英語を聞いて日本語字幕で見るのだが,設定がわかりにくい.音声の設定なのか,字幕の設定なのかがわかりにくくて,日本語吹き替えになってしまったのを操作をやり直したり試行錯誤してしまう.

ヒューマンインターフェースが分かっていない人間が作成にかかかわったとみた.

それにしても洋画はオリジナルの音声で見るに限ると思っているのは少数派なのだろうか.ビデオレンタル店などで吹き替え版しか置いていないものは,最初から借りる選択肢からはずしてしまうのだが.
16:53  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11/11(Sat)

TeX数式番号をセクション番号にあわせて変更

%数式番号を (5.1)→ (5.1.1)のようにセクション番号にあわせて変更する必要が生じた.
%「LaTeX2e文典」生田誠三,朝倉書店の中にまったくそのままの例を発見.文典はTeXを使うなら買って決して損はないと改めて思った.
%以下の通りをドキュメントが始まる前に宣言するだけ.

\makeatletter
\renewcommand{\theequation}{\thesection.\arabic{equation}}
\@addtoreset{equation}{section}
\makeatother
16:46  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11/10(Fri)

福岡は東京に近い

雑誌ビッグコミック「スピリッツ」の新号が福岡では土曜日に既にコンビニにあった。しかし、広島で店頭に出たのは次の月曜日。

福岡の方が、実質東京に近いということなのだろうか。雑誌自体には発売日は月曜になっているので、広島の発売が遅いという訳ではない。

人の多さとにぎやかさで見る限り、大阪の次に西にくる都市は福岡になるのだろう。劇団四季などの公演もそんな感じか。
15:49  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11/01(Wed)

起動時のNumLockをON

ネットで見つけた
---------------
●起動時のNumLockをON
HKEY_USERS\.DEFAULT\Control Panel\Keyboard
InitialKeyBoardIndicators→2
22:48  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2006.11/01(Wed)

ウイルス被害からの復旧

ウイルス感染後、Norton AntiVirusはウイルスを検出はするものの、隔離も削除もできなかったのは前にも書いた。おまけにWindowsも起動しなくなった。

仕方がないのでCDから起動してNOD32の体験版でウイルス削除。調べてみると「_desktop.ini」というテキストファイルが作られ、日付が入っている。これは感染した日付のようだ。

拡張子が「exe」の実行ファイルは軒並み感染。NOD32で削除処理しても実行ファイルが削除されるので被害は甚大。結局、OSの入れ替えしてすべてやり直し。

このウイルスはAdministratorの空のパスワードを狙うとかネットでみつけたが、アンチウイルスソフトが常駐して、Windowsはきちんと更新してあって、なお感染するものなんだろうか。おかしなことは何もしていないのだが。

仕方がないのでOSの起動時にパスワードを設定、NOD32を入れたいが自分のパソコンではないので、ライセンスのあるNortonをいやいや再導入。ファイアウォールのOutpostも入れておく。

ついでにOSもWindows2000をWindowsXPに変更。ずいぶん、動作が緩慢になった。メモリが192Mしかないのでは厳しいようだ。
22:07  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |