01月≪ 2008年02月 ≫03月

1234567891011121314151617181920212223242526272829
2008.02/28(Thu)

走り回って逃げる目覚まし時計「ナンダクロッキー」

走り回って逃げる目覚まし時計「ナンダクロッキー」

MITの学生が開発? ちょっと高いがプレゼントにはおもしろいかもしれない。
スポンサーサイト
14:59  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/28(Thu)

日めくり英会話カレンダー短いフレーズで超かんたん英会話

カレンダーをいくつか併用しているが、以下が優れていると感じた。

日めくり英会話カレンダー短いフレーズで超かんたん英会話 (2008)
参考価格: ¥ 2,100 (税込) 旺文社。

昨年はNOVAうさぎの日めくりカレンダーだったが、今年はさすがにない。もし、あっても購入はしなかったと思う。理由は、出てくるNOVAうさぎの画と英語フレーズに全く関連がないこと、英語フレーズが少し口語的すぎる気がしたため。

一方、「日めくり英会話カレンダー短いフレーズで超かんたん英会話」が優れているのは、画とフレーズが関連しているのはもちろん、ミニクイズのようなものがついていること、そして何よりも良いのは毎週、日曜日にその週のフレーズの総復習版があること。

やはり繰り返しがないと忘れてしまう。記憶の定着から言えば2日おきぐらいに復習があればよいのだろうが、ただ単語やフレーズが日々出てくるだけのカレンダーと比べればすばらしい工夫。さすが旺文社といったところだろうか。
14:28  |  英語  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/28(Thu)

メモリーの圧迫

しばらくパソコンを利用していると、妙にすべてのソフトが遅くなり、Firefoxの接続もあやしくなってHPをみることができなくなる。

Spam Mail Killerはスパム処理だけではなく、右ボタンクリックで物理メモリの最適化もできる。それを利用して調べてみるとメモリーが極端に少なくなっている。上記の原因はメモリーが少なくなってSwapが頻繁に生じているためのようだ。

原因となるアプリケーションを調べていくと、どうも常駐させているGoogleDeskTopがメモリを食っている。常駐を解除すると一気にメモリが回復する。

今どき、1Gも積んでいないようではハードの問題と言われても仕方ないのかもしれないが。
13:33  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/28(Thu)

スパム対策

最近、変なコメントが増えてこまっていた。

ホスト:ntoska??????.oska.nt.ftth4.ppp.infoweb.ne.jp

?の箇所は数字で、送信のたびごとに変えている。
FC2のブログ設定でスパム対策を講じてみる。
13:27  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/25(Mon)

英字新聞

そろそろ一番下の子供が小学校を卒業して中学にあがる。

小学生新聞をとっていたが、これを卒業してどうするか。実は中学生新聞と小学生新聞の両方を講読していたのだが、中学生新聞は休刊になってしまい、小学生新聞のみ。中学生新聞の方に池田晶子の連載があり、それをまとめて「14歳の君へ」として出版されている。当時はあまり気にしていなかったが、著者が急逝されていたとは。

可能性としては英字新聞となるのだが、ネットでみるとジャパンタイムズジュニアが休刊。数年前には学研の科学と学習が打ちきりになったり、少子化で小中学生向けの学習関連の雑誌や新聞は厳しいのだろうか。

昔はスチューデントタイムズがあったなあと調べてみるとジャパンタイムズ『週刊ST』となっていた。今、取っている新聞の系列ならMainichiWeekly(毎日ウィークリー)となる。タイムフォーキッズTIMEFORKIDSなんてのもあるが、どんなものだろうか。あちらの国の子供向けが簡単とは限らないのが難しいところ。
16:30  |  英語  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/20(Wed)

TeX2img:国産版のTeXPoint?!

----------------------以下 URLより引用-------------
TeX2img

入力したTeXソースコードをTeXでコンパイルして,次のような形式の画像で出力する Windows アプリケーションです。

* アウトラインをとった EPS ファイル
* アウトラインをとった EMF ファイル
* JPEG ファイル
* PNG ファイル
* 背景を透過させた PNG ファイル

出力した EPS/EMF/JPEG/PNG ファイルは Word / Excel / PowerPoint や,Illustrator / InDesign 等に貼り付けて利用することができます
--------------------------
http://island.geocities.jp/loveinequality/

国産版のTeXPoint?
14:14  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/20(Wed)

Thunderbirdとfirefoxのバックアップ:MozBackup

Thunderbirdとfirefoxのバックアップをとるためのフリーソフト

http://www.geocities.jp/chimantaea_mirabilis/MozBackup/japanese.html

設定やメールをバックアップしてMy Documentフォルダーにファイルを作ってくれる。
13:57  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/19(Tue)

ThunderbirdとFirefoxが死んだ

Wizpyをパソコンに接続している内に、画面の動きが鈍くなり、卓駆が終了できなくなる。
「デバッガを終了させてください」という旨のメッセージがでるばかり。

Ctrl+ALT+DELで強制シャットダウンを試みるも、画面が停止したような様子。
そこでパソコンのリセットボタンを押す。これが後々後悔の元となる。

再起動させてみると、Thunderbirdがいきなり新しいアカウントの設定を聞いてくる。おまけにFirefoxのブックマークが全部消えている。

過去メールがすべて消え、ブックマークも消えたということになる。

対処

1)Thunderbirdは以前書いた通り。C:\Documents and Settingに入り、自分の登録フォルダーに入り、「Application data」で「Thunderbird」を探す。バックアップをとった後に新しいアカウントと古いアカウントの名前をスワップ。

2)C:\Documents and Settingに入り、自分の登録フォルダーに入り、「Application data」で「Mozilla」「FireFox」「Profiles」「そこにあるフォルダ」「BookMarkBackUps」に入る。
そこに、最近のブックマークファイルが保存されているので、Firefoxを起動して「ブックマーク」「ブックマークの管理」「ファイル」「ファイルのインポート」「ファイルからインポート」で読み込めばOK

さすがにメールが全て消えたときは焦った。今回、メールのバックアップをとったのは言うまでもない。
21:45  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/16(Sat)

MS OfficeからOpenOfficeに全移行

MS OfficeからOpenOfficeに全移行したという記事。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070327/266526/

特に教育関係はほとんどOpenOfficeに移行すべき時なのかもしれない。
問題はAccessに代わるデータベースソフトだろうが、実際にはAccessはそんなに教育場面では使われていない。

MS Word → OpenOffice Writer
MS Excel → OpenOffice Calc
MS PowerPoint → OpenOffice Impress

特にMS Wordは最新版のファイルが古いWordで読むと文字化けを起こし(文字がアイコンのように化ける)、混乱が起きている。今こそ、移行の時かもしれない。

おもしろいのは上記の記事がアシストのことであるということ。昔懐かしいアシストカルクを思い出した。ビル・トッテン社長は健在のよう。また、インパクトのある製品を出してくれないかな。
16:20  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/15(Fri)

Voice-Trek

気になるICレコーダー

OLYMPUS Voice-Trek V-61
OLYMPUS Voice-Trek V-51

いずれもUSBメモリとしても利用可能でPCに直接つなげる。
ノイズキャンセル機能付き、音声フィルター、MP3再生
V-51は1G、V-61は2Gメモリーという容量が違うだけのようだ。
19:38  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/15(Fri)

一太郎 for Linux in OpenSUSE10.3 with AMD64

相変わらず、OpenSUSE10.3に一太郎 for Linuxがインストールできない。

メッセージは以下の通り
----------------
お客様は、本製品のご使用に際して、本ソフトウェアとともに別途弊社が提示する
使用許諾契約書にご同意いただく必要があります。
同意する(y)/同意しない(n) y
一太郎 for Linux を インストールします。
インストール時にエラーが発生しました。
インストールを中止します。
----------------

ATOK3 for LinuxがOpenSUSE10.3にはすっきり入ったという話がネットにはあるが、32bit環境のようだ。いずれATOK3が標準対応の一太郎もでるかもしれないので、それまで待つのがよさそうだ。

現時点での問題点は64bitであることにあるのかもしれない。でも、SUSE9.2では64bit版で何の問題もなくインストールして使用できていたので釈然としない。

様々なLinuxがあるのですべてに対応できないのは分かる気もするが、Justsystemももう少し対応LINUXを増やしてもよいのではないだろうか。

そして何よりもエラーメッセージが意味なしになっているのが問題だ。せめて何が問題でエラーなのか、何が欠けているのかなどの情報を提示するくらいのことは考えてプログラムは作るべきだろう。
17:31  |  Linux  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/09(Sat)

JUST SUITE届く

JustsystemのSUITE2008が届く。DVDで一太郎、花子、三四郎、shuriken、Agreeなど一式が入っている。

前回購入したのは一太郎2005だったので3年ぶりのバージョンアップになる。

なんだかんだ言っても一太郎の文章校正機能やATOKの使いやすさはMS WordやOpenOfficeのWriteでは到底太刀打ちできない。さすがに日本人のためのソフト。

しかし、今後はどういう方向に進むのだろうか。あまり高機能になっても使わない機能ばかりではバージョンアップする動機付けが生じない。

いっそ、TeX互換機能など搭載してくれれば、Wordと差別化がはかれるし、アカデミックな分野ではかなりインパクトが大きくなると思うのだが。

三四郎も行列の扱いが簡単なのでついつい購入してしまう。行列の積や逆行列などがメニューから選べて実行できる表計算ソフトはそうそうない。

初めて触るプレゼンソフトAgree。文書の互換性を観てみるとMS Powerpoint形式がサポートされている。ただ、単にPowerpoint形式と言っても本家のPowerpoint自体が完全なバージョン間互換を達成しているわけではない。どのPowerpointと互換なのか明示されているとよかったかもしれない。どうせなら、OpenOfficeのimpressとの互換性も欲しかった。
14:59  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/06(Wed)

CrossKylix

CrossKylixのページ

http://crosskylix.untergrund.net/

Kylix3が2002年に出て、もう6年。もう製品は出ないのだろう。
CrossKylixも開発は終了したとのこと。しかし、いつか必要になるかもしれない。
14:47  |  Delphi  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/06(Wed)

Mifes for Linux in OpenSUSE

OpenSUSE10.3のgnomeはなかなかよい。今まではKDE一本だった。昔の印象ではKDEは高機能でGnomeは少し寂しいだったが、今はそんなことはない。

ただOpenSUSE10.3にしてから、問題も生じている。

一太郎 for LinuxやATOKがインストールできない。
Mifes for Linuxも管理者であっても「許可がありません」というエラー。
MToolsFMも依存関係のエラーでインストールできていない。

Windowsと比べてLinuxはアプリケーションのバージョン依存が強すぎるのではないだろうか。ソフトメーカーも対応バージョンをとても狭い範囲でしか保証せず、OSのバージョンアップへの対応を怠っているように感じる。購入したソフトが2~3年で利用できなくなるのではWindowsの方がよいとなるのも仕方ないし、人に勧めるわけにもいかない。
------------------------
Mifes for Linuxはその後、「chmod 777 mi」とコマンドを打ち込んで使えるようになった。
14:41  |  Linux  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/05(Tue)

結局OpenSUSE10.3

SUSE9.2に落ち着いたことを書いたものの、9.2はメンテ終了のコメントを読んでやはり最新版にすることにした。

OpenSUSE10.3のダウンロードには繰り返し失敗していたが、「open SUSE10.3 ビギナーズバイブル、大津真・まえだひさこ、マイコミ」という本を電気屋で見つけた。DVD付きで、それも32Bit版と64Bit版の2枚がついている。4300円+税と高価な本だが、背に腹は代えられない。

これならメディアのエラーは心配ないとインストールを開始。しかし、メディアチェックでエラーが報告されて「このDVDは使わない方がよい」との表示。こんな馬鹿なとそれでもインストールを続行。何度もトライするが結局うまくいかない。

そのうち、おかしな現象が出てきて、読めたはずのところまでも、読み込みが進まなくなる。
もしやこれは、と思いUSB接続の外付けDVDを持ってきて接続して、BIOSでUSB-DVDからの起動に変更してインストールしてみる。するとエラーなしにすいすいインストールが進む。

いままでの数々のLinuxインストールの失敗はどうもハードのDVDが故障しかかっていたことにあるようだ。

ともあれOpenSUSE10.3のインストールに成功。64Bit版、Gnome環境。

一太郎 for Linuxをインストール。しかし、失敗。9.2では問題のない一太郎だが、10.3ではうまくいかない。64bit版にしたせいなのかとも思うが、再インストールする気力がない。
20:46  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/02(Sat)

一太郎 for Linux

以前はインストールできたはずの一太郎がLinuxにインストールできない。エラーメッセージばかり。

原因はユーザーで入ってから suコマンドでrootになっていたため。マニュアル通りにrootで入ってからインストールしないとエラーになる。前に入れたときのことがすっかり忘れ去られている。この備忘録が必要なわけだ。

ちなみにsuseは/media/cdrecorder がCD-ROM。/mnt/cdrom が素直だと思うのだが。
18:44  |  Linux  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/02(Sat)

SUSE9.2

LinuxマシンにUbuntuを入れたものの、一太郎Linuxがインストールできず、しばらく放ってあった。そのため、来ていたメールに目が通せず失敗を犯す。

そろそろ環境を立て直すべく行動を起こす。

1)OPEN SUSE10.3のCD版をダウンロード インストール
  DVD版を落とさないと日本語化が難しいことに気がつく。しかし、DVD版がダウンロードできない。これはこちらのネット環境のせいかもしれない。一部、日本語化できたがフォントが汚い。
基本的にOPEN SUSEは高速なネット環境を前提にしているようだ。FTPも利用できない現状では無理がある。おまけにOPEN SUSE10.3の日本語DVDが売ってもない。

2)VINE 4.2のCD版ダウンロード インストール
  RED HAT系なので一太郎や各種ソフトと相性がよいだろうし、何よりも日本発なので日本人に優しいだろうと思い、トライ。1枚目のCDは焼きが悪かったらしくてダメ。2枚目でインストール。しかし、グラフィック環境でインストールすると画面が真っ黒で止まったようになる。テキストモードでインストール完了。しかし、なぜか立ち上がらず画面は真っ黒なまま。

3)SUSE 9.2 に回帰
  結局、製品版のDVDがあるSUSE9.2に戻る。何が楽かと言えば、焼きが失敗したなどと言うことは心配せずに、簡単インストール。フォントがきれい。上記で失った時間と手間を考えると製品版のありがたみがわかる。

14:46  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2008.02/02(Sat)

MindManager Pro7

Mind Manager PRO7が届く。

マインドマップ作成ソフト。フリー版もあるが、マインドマップ関係の本「マインドマップ仕事術、中野禎二」「マインドマップ練習帳、片岡俊行」いずれも秀和システム、「効率が10倍アップする新・知的生産術、勝間和代」ダイヤモンド社などではMind Managerが結局、選択されているのでこれを購入。

インストールすると「MS .NETのベータが入っているので削除するように」という旨のエラーメッセージが出てくる。そこでまず.NETを削除してインストール。

今度は「これは対応したOSではないが続けるか」といったメッセージが出てくる。利用しているOSはWindows2000なのだが、製品の対応しているOSはXPとVISTA。無視して続行。

インストールが成功して一応、今のところは何の問題もなく利用できている。でも、Windows2000対応をうたっていないので何か問題があるのかもしれない。

.NETによる製品のためか動きがもっさりしている感じをうけるが、機能は豊富なようだ。製品はかなりビジネスシーンを意識しているようだ。

まずは使い方を勉強して、なれてみないと評価はできない。
14:35  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |