11月≪ 2008年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008.12/23(Tue)

東大無双

東大無双をamazonに発注する。

機能はあまりないらしいが、ともかく強いらしい。
といっても相手に不自由しているわけではない。

将棋倶楽部24での負け将棋を棋譜解析して敗因を分析するのが目的。

現在は激指3を使っているのだが、納得いかないことも多い。
例えば、棋譜解析で不利と判定されている局面からコンピュータ同士で
対局させると逆転してみたりする。

激指も今では激指8が出るほど進化しているようだが、2つとも買う余裕はない。

問題は使用中のPentium4マシンで我慢できるほど早く解析してくれるかということ。

少し前まではDuo2Quad 9550あたりのパソコンが欲しいと思っていたのだが、
なんとi7というCPUがインテルから出ており、これは仮想上8CPUが動いている
ようなものらしい。

というわけでi7マシンが値下がりして手頃になるまでしばらくは
買い控え。
スポンサーサイト
16:13  |  将棋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/22(Mon)

JabRefによるBibTeX文献管理とJab2HTML

JabRefによるBibTeX文献管理とJab2HTML

http://keijisaito.info/arc/biblio/jabref_jbib.htm#jabref_down_inst

以下引用------------------------
JabRefは無料で利用できるBibTeX用の文献管理ソフトです。文献情報をTeXの文章に挿入する場合は、TeX(とセットになっている BibTeX)をインストールする必要があります。JabRefは単体でも文献管理ソフトとして使用することができ、Jab2HTMLを使うとsample-Jab2HTMLのようなhtml文献リストを作成することができます。
21:39  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/16(Tue)

バイオハザード ディジェネレーション

バイオハザード ディジェネレーション (Blu-ray Disc)
発売予定日は2008年12月26日。

テレビでCMをちらっとみて、てっきりバイオハザード5が発売と
勘違い。ゲームの方のバイオハザード5は2009年3月5日だった。

こちらはブルーレイDVDらしい。
01:57  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/16(Tue)

イー・モバイル

携帯をほとんど使わないので知識が欠けている分野

出先や会議、車中でノートパソコンをネットに接続させる。
イー・モバイル(Emobile)。
USBで接続。
01:44  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/09(Tue)

阿部山

岡山県の阿部山に「安倍晴明屋敷跡」という史跡がある。

阿部神社 (あべじんじゃ)=晴明神社(せいめいじんじゃ)
岡山県浅口市鴨方町
安倍晴明がこの地で天体観測をしていた。

岡山県浅口市鴨方町阿部山

北部に霊峰・遥照山、竹林寺山
遥照山の西側に、竹林寺山と阿部山あり

芦屋道満
道満は平安中期の陰陽師で安倍晴明と争ったと言われる。晴明の遺跡の近くには道満の伝説もあり。迫谷に「道満」と刻まれた墓と五輪塔。道満池もあり。

やっと阿部山発見。
浅口市からほぼ真上(北)にある。
155号線の先。
近くに笠岡CCがある。
14:49  |  超常現象  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/04(Thu)

「3D画像を作ってもらうために、あなたはもう頭を下げて頼みに行く必要はありません。」という宣伝文句に強烈に惹かれた。

DICOM フリー3Dビューアの Intage Realia。フリーとあるように無料版。
DICOMフォーマットデータとはMRIなどの画像診断のデータのこと。

「Realiaは、INTAGE(インテージ)製品シリーズの1つで、無償でライセンスされるDICOM 3Dビューワソフトウェアです。Real INTAGE (リアルインテージ:有償)旧バージョンの機能制限版でもあり、その実物教材(realia:リアリア)としての意味を持っています。」とHPにはある。

このソフトはCPUのマルチコア対応ということである。
5年も前のAthlon シングルCPUではもはや厳しいのかもしれない。

利用者の感想ではcore2duo 6600ぐらいでもサクサクうごくらしい。
こうなってくると、やはりcore2quadが欲しくなってきた。
14:59  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/04(Thu)

Proof Checker PRO(プルーフチェッカープロ)Ver.2 Mac/Win Hybrid版

Proof Checker PRO(プルーフチェッカープロ)Ver.2 Mac/Win Hybrid版

「校正作業が劇的に変わる! 簡単かつ正確・緻密なデジタル校正を実現します」とある。

http://www.too.com/dtp/proofcheckerpro/index.html

PDF文書を2つドラッグ&ドロップすれば比較、照合して校正の手助けをしてくれる
ソフトらしい。需要が少ないためか、個人で手が出せる価格ではないが、
こんなソフトもあるとのことで載せておく。
14:41  |  校正  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/02(Tue)

泥棒洞窟実験

心理学者シェリフのスペルを調べていた。彼は準拠枠の実験で有名である。

暗闇で一点の光をみていると自動光点運動で、それが動いているようにみえることを
利用してグループで反応がひとつに収斂していくことなどを報告している。

問題はSheriffなのか、Sherifなのかということ。心理学辞典を調べてみると
Sherifが正しい。

でも、それだけではなく彼が投獄されたことがあるとか、有名な(!?)「泥棒洞窟実験」と
呼ばれる実験をしたと書かれている。

泥棒洞窟実験などというのは聞いたことがない。さっそくネットで調べてみると
確かに学生の頃、英語論文で読んだ内容である。子供達のキャンプで2つのグループを
敵対させたり、和解させたり・・・。

しかし、そんな名前がついていたとは。

Muzafer Sherif (1966) 実験の出典
In common predicament: Social Psychology of intergroup conflict and cooperation.
Boston:Houghton Mifflin.

1954年 Robbers Cave experiment 実際の実験時期
11歳~12歳のオクラホマ市の少年の2グループ。3週間のボーイスカウトキャンプ。
別々なバスで少し離れたキャンプ地に到着し、最初の週はお互いの存在も気づいていない。
グループはRattlesとEaglesとそれぞれ自分達で命名。
2週目から両グループを勝ち負けで競わせる。勝者には賞が与えられる。
敵対的雰囲気ができあがる。
ダイニングへのゴミぶちまけや旗を焼く、キャビンの略奪、殴り合いの喧嘩などの発生。
次に協力しないと解決しない課題を提示。
競争から協同へ。
----------------
名前の由来はキャンプが行われた地名によるようだ。
Robber's Cave State Park in Oklahoma ( USA),
本当に、これを泥棒洞窟と訳してよいのかよくわからないところだが。
17:18  |  教育  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |