10月≪ 2009年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2009.11/30(Mon)

論文のCover letterに含めるべき事柄

ジャーナル投稿でCover letterに入れるべき内容

Cover letter

論文タイトル
ジャーナル名
著者名(連絡先となる著者を明記)
所属
連絡先詳細
審査希望者がいる場合の名前や住所、Eメール、電話番号
このジャーナルに投稿した理由と論文の新奇な点
図の数
表の数
単語数
同じジャーナルに既に投稿していたなら論文ID
他のジャーナルに投稿していないという確約
著作権について理解しているという確約
共著者が研究に寄与しているという確約
スポンサーサイト
17:44  |  教育  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/30(Mon)

Dimension8100

Dell のDimension 8100がWindows2000で現役で動いていたのだが、動かなくなってしまった。症状としてはハードというよりもソフトにある感じがする。

Skypeなどの日本語がWindows2000では文字化けするなど問題もある。そこでOSをアップさせることにした。

XPのライセンスがないので、Vistaにあげることにする。これなら、将来Windows7にも無理なく進められる。

Windows2000からVistaには新規インストールしかできないようだが、今回は動かなくなっているので初期化にもためらいはない。

インストール後、Videoドライバをダウンロードして動くようになったのだが、音声が出なくなってしまう。
SoundBlaster系なのだが、ネットを探してもVista用のドライバが見つからない。

そこではじめて気がついたのだが、Dimension8100には512Mのメモリしかない。Vistaがめちゃくちゃ遅い上にHDDへのアクセスが半端無く多い。

512MというのはVistaの動く最低限のメモリである。最大、2Gまで増設できるとなっているが、使えるメモリはRIMMのPC600,PC700,PC800というかなり特殊なもので、2枚単位で増設しなくてはならない。上位のPC800メモリでも256Mしかなく、今ではなかなか手に入らない代物である。手にしても1Gまでしか増設できないことになる。

このあたりで心が折れて、Windows2000で再インストール。

確かに古いというのはあるが、Dimension8100というのは結構、クセがある機種だったことに今頃になって気がついた。
12:52  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/23(Mon)

OpenSuse11.2 リリース

いつのまにか OpenSuse11.2 が正式リリースされていた。
00:01  |  Linux  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/21(Sat)

Windows2000に無理矢理 Delphi2010を入れる方法

http://homepage1.nifty.com/ht_deko/tech039.html

Windows2000からVistaにバージョンアップしようとしたものの
できない(新規インストールしかできない)ことが判明したため、
このTipsにチャレンジ。

試してみたが、うまくいかない。

# "XP 以降に" エラーが出ますが、無視してインストールを続行します。
とあるが、続行できない。原因は不明。

新規インストール・・・Delphiのために全てのソフトウェアをインストールし直すというのは厳しすぎる。
00:51  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/19(Thu)

Windows2000のアップグレード

Windows2000からVistaへのアップグレード版を購入。

アップグレードなのでOSがバージョンアップされるだけと安易に考えていたが、Windows2000からは新規インストールが必要なことが判明。Windows2000どころか、Windows XPであってもVistaにあげるには新規インストールになるようだ。

そりゃあ、Vistaに人気が出なくても当然と思う。
20:07  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/19(Thu)

Moodleによる eラーニングシステムの構築と運用

e-Learningが構築できるオープンソフトウェアMoodleの翻訳本がでるようだ。

Moodleによる eラーニングシステムの構築と運用 William H. Rice IV、福原 明浩、 喜多 敏博 (大型本 - 2009/11/20)新品: ¥ 3,675

------------過去の2冊は以下の通り-----------

Moodleを使って授業する!なるほど簡単マニュアル 濱岡 美郎 (単行本 - 2008/9)
新品: ¥ 2,310

Moodle入門―オープンソースで構築するeラーニングシステム... 井上 博樹、奥村 晴彦、 中田 平 (単行本 - 2006/9)
新品: ¥ 2,730

13:42  |  教育  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/18(Wed)

NHKスペシャル「リーマン予想」

NHKスペシャル「リーマン予想」。こんな放送があるとは知らず、途中からしか見れなかった。

映画「ビューティフル・マインド」のジョン・ナッシュ本人も出てくる。彼がリーマン予想というものに取り組んでいたとは知らなかった。何か市場関係の理論と関わっていたと思っていたが・・・。映画の中でもそんな選択の問題が扱われていたような・・・

番組ではフリーマン・ダイソンが登場。まだ生きていたんだとちょっと驚く。素数の生じる間隔と物理学のミクロの現象に関連があるというのは初めて知った。リーマン予想のWikiにも、そんな話は載っていない。

改めて世界を知るには数学が不可欠というのを感じた。無駄な数学というのは存在しないのかもしれない。すべては現実の世界と関わりがある。アインシュタインは数式でできているなら神を信じると言ったらしいが、これが本当なのかもしれない。
03:25  |  未分類  |  TB(1)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/18(Wed)

パソコンの騒音

PCが騒音を出すようになった。

最初に疑ったのはCD/DVD。ディスクを取り出したり、開けっ放しで起動させてみるが騒音が収まらない。原因は内部のようである。

そもそも静音パソコンにしたいのでケースを静音用にオプションで替えて1万円以上の投資をしているので納得がいかない。

次に疑ったのは換気口。空気の出入りがホコリでつまり、ファンが異音を出している可能性はある。そこで掃除機で外側からホコリを取っていった。しかし、これでもダメ。

仕方がないのでPCのケースをあけてファンについたホコリをCyberCleanというネバネバしたクリーンコンパウンドでとっていく。

念のため、ケースを開けたままにして起動させてみる。

すると騒音を出しているのはファンではなく、電源であることに気がついた。振動が他に伝わり、騒音を出している。結局、以前に購入していた防振ゴムをケースと原電ケースの間にかませて解決。

これでPCを立ち上げて、TVを静かに見ることができるようになった。
03:05  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/16(Mon)

驚異の百科事典男 世界一頭のいい人間になる!

驚異の百科事典男 世界一頭のいい人間になる!
A・J・ジェイコブズ
文庫 文藝春秋 (2005-08-03発売) ¥ 1,200

Answer×Answer2の秋のセガ大会の予選終了。結局、最高で88階、実際には87階止まり。100階に行ってみたかったが、週末にゲーセンに行く時間がとれなかった。あと13階といっても勝ったり負けたりなのでなかなか上れない。相手もプロアンサーばかりで、たまにしか遊ばない身では厳しいことこの上ない。

昼間のTVでクイズ作家が出ていた。相当な関連書籍を集めて雑学を得ている。今はクイズブームとかで収入も良いらしい。もっとも彼の妻はブームが去るのを心配していたが・・・。

以前読みかけだった冒頭の本を思い出して引っ張り出してきた。少し雑学知識も仕入れないといけない。

この本の帯によれば映画化決定とあるが、ググってもそれらしい映画がみつからない。映画化は無理があったのだろうか。
01:46  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/14(Sat)

BURN NOTICE

「BURN NOTICE ~消されたスパイ」は米TVドラマシリーズ。burn noticeとは解雇通知の意味とのことらしい。

でも、英辞郎でもランダムハウス辞典にも載っていない。noticeだけで通知, 告知; (解雇・解約・退職などの)予告という意味があるようだ。burnというのはfireと何か関連づけているのだろうか。いつかネイティブに聞いてみよう。

Season2までは見たが、アメリカではSeason3が夏からはじまったようだ。
22:38  |  英語  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/14(Sat)

Delphi 2010 をWindows 2000 へインストール

Delphi 2010 を無理矢理 Windows 2000 へインストールするチップスを紹介しているページを発見。

http://homepage1.nifty.com/ht_deko/tech039.html

うーん、しかしちょっと怖い感じもする。素直にXPにバージョンをあげるべきかもしれないなぁ。
販売元が保証してくれれば、それに越したことはないのだが・・・

http://homepage1.nifty.com/ht_deko/techalgo.html

Topの方にもっと包括的なDelphi情報があった。
16:07  |  Delphi  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/14(Sat)

Windows7へのアップグレード

調べてみたらWindows2000からWindows7へのアップグレードパスがない。

最低でもWindows XPにしてないとアップグレードできない。XPからでも結構、面倒そうなことがマイクロソフトのHPには書いてある。

Windows Vistaからなら当然のことながらストレスなしにアップグレードできるらしい。
15:44  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/14(Sat)

Delphi2010インストール

Delphi2010が届いた。早速インストール。

Delphi7で作成しつつ、1年以上も放っておいたプロジェクトを読み込んでみる。
しかし、エラー。エラーの原因がDelphi7とDelphi2010の互換性のせいなのか、もともとのプログラムのせいなのかよくわからない。なにぶん、放置期間が長すぎて自分が何をやっていたのかもあやふや。

ひとつはtpmath.dcuがみつからないというエラー。これはファイルを探してきてディレクトリに入れて解決。次はusesで MetafileExがエラーとのこと。とりあえず、コメントアウトして除いてみる。

最後に出たエラーはMessageDlgに関するもの。よくよく見てみると中の日本語メッセージの一部が文字化けしている。これがDelphi2009からの文字コード変更のせいなのかは不明。しかし、これを直したら無事コンパイルできた。

日本語処理はあまりないので今回は簡単にコンパイルが通るようになったのだろう。

unicodeが標準文字コードになったらしいが、過去の資産をどう変更すれば互換できるのかはDelphi2010で検索するより、Delphi2009で検索した方が情報が多いようだ。本当のところは書籍が出て欲しいが、Delphiの無料版でも出てユーザーの裾野が広がらないことには出版物が増えないので言語の普及という点では現在のエンバカの戦略はどうなんだろうか。

Razarusが1.0あたりになって日本語が普通に通るようになれば、教育現場では使われるようになる可能性はまだあるのでPascalが死滅することはないと思うが。
03:17  |  Delphi  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/10(Tue)

Delphi2010

Delphi2010を購入。インストール使用としたらエラー。なんとWindows2000には対応しておらず、XP以上が必要とのメッセージが出た。

Windows2000なら大抵のソフトには対応していると思っていたが、Windows7も出た今、そろそろ厳しい状況なのかもしれない。
21:41  |  Delphi  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/09(Mon)

SEGAのAnswer×Answer2

SEGAのAnswer×Answer2で再度、S1まで上る。この上にはSSクラス、さらにその上にはSSSクラスが控えているが、まだ到達したことはない。

今回はイベント大会をやってみる。町中のゲーセンで200円3クレジットというのがあったので61Fまで上る。ここまでくれば壁紙がもらえるらしい。「今回の大会は予選となり、上位5000位以内のプレイヤーだけが決勝に進めます!」というのはどういう意味なのかよくわからない。次のイベント大会では上位5000位以内の人しかプレーできないのだろうか?

ともあれ、60Fに近づくとプロアンサーばかりと当たるので厳しいものがある。特にビジュアルクイズで漢字の読みや絵を答えるのに、プロたちはこちらが全く見当もつかない時点でボタンを押して正解してくる。相当な回数プレーしているので問題・解答を覚えているのだろう。

マジックアカデミーは最近、決勝に残れないことが多い。知識にむらがありすぎるので仕方がないのかもしれないが、ゲームのためにアニメや芸能を覚える暇も気もないので勝っても負けても楽しめればよいと割り切っている。
02:26  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/05(Thu)

I talk TV

「I talk TV」

マジックトーカーズのようなもの。英語のコンテンツが入っている小型携帯機。ワンセグTVも見ることができ、予約録画もできるという。
11:37  |  英語  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/04(Wed)

扶養控除額は対象者が16歳以上23歳未満の場合は63万円

確定申告でミスをしていたかもしれない。

---------
現行の配偶者控除額は38万円。扶養控除額は1人につき38万円だが、対象者が16歳以上23歳未満の場合は25万円加算され63万円になる。
---------

税金を取り損ねている場合には税務署から必ず連絡があるが、こちらが損しているミスにはまったく連絡がないと話に聞いたことがあるが、まさしくこれがそうかもしれない。こちらのミスだからというわけだろうが、なんだか納得がいかない気もする。プラス・マイナスどちらでも間違いは正して欲しいものだ。
01:19  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/03(Tue)

PS3 シヴィライゼーション

昔懐かしいゲーム「シヴィライゼーション」を見つけて購入。といってもPS3用。正確にはリボルーションとつく。

かなり中毒性のあるゲーム。PC用はIVまで出ているというので、こちらも手に入れた。しかし、PC版はかなり面倒そう。昔はこれをやっていたはずだが、歳をとったせいか簡易版ともいえるPS3版の方を遊んでしまう。

フリーズが多いとか、非現実的な場面があるとか(弓矢兵が戦闘機を打ち落とすみたいな)は別として買いのゲームであることに間違いはない。

何とか最難関の天帝を全ての戦略(制覇、経済、文化、テクノロジー)で勝つことに成功。

今はSDI防衛を見てみたいのだが、これがなかなかうまくいかない。というのはSDI防衛の画面を見るにはICBMを打ち込まれる必要がある。原子力理論とかを相手国に売っても、ICBMで攻撃されたためしがない。PS3版では核攻撃は人間しかしない設定なのかもしれない。

あともう一つ残念な点。ターンに上限があるので、もっといろいろやりたくてもゲームが終了してしまうこと。西暦3000年くらいまではやりたいのだが、PS3用ゲームのパッチを探すという訳にもいかない。
03:44  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |