10月≪ 2014年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2014.11/21(Fri)

パスワードの謎

ウインドウをXPからWindows 7に乗り換えた。

とあるシェアウェアを購入していたのだが、それがインストールできない。

というか、ZIPファイルにパスワードがかけられていて、パスワードが違うとはねられてしまう。
Vectorで購入したので、そこで確認してもパスワードに間違いはないし、購入したときには
それでインストールできた。

仕方がないのでパスワード解析ソフトに頼る。知らされたパスワードには何ほどの意味も
ないので辞書解析は無意味だ。結局、Brute-Forceで総当たり。

といってもパスワードは14桁以上あるので、普通にやったら時間がかかりすぎて解析不能。
ただ、知っているパスワードの一部が使われているはずなので、それを利用して短時間に
結果を出した。

ところが、得られたパスワードは明らかに、購入したときのものと一部違う。でも、それで
試すとインストール完了。不思議だ。
スポンサーサイト
18:42  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2014.11/21(Fri)

SPSS15.0とWindows7

Windows XPを長く利用していたが、さすがにそろそろまずいかと思い始めた。ちょうど電気店でWindows 7の最終販売のチラシもみて乗り換えすることにした。

いろいろ苦労や問題は多発したのだが、一番の問題はSPSS。Ver15.0でたくさんのオプションもつけていたので、簡単にバージョンアップというわけにはいかない。現在のSPSSはVer22.0でJavaで書き換えられた新版でWindows7はもちろんWindows8.1でも動く。何世代も前のSPSS Ver15.0はWindows7では動かない。なにぶん高価なソフトなので、すべてをXPの時のように揃えるとPC本体セットが何台も買える金額になってしまう。

他にも問題がある。新しいSPSSにすると香川大の堀啓造先生が作成したSPSS用のCATDAPマクロがエラーを出して動かないのだ。すでに亡くなられた堀先生が対応してくれるはずもなく、プログラムを直す能力もないので非常に便利な解析ソフトが使えなくなってしまう。

そこで何とかできないか検索したら、自分のこのブログに行き着いた。Windows 7でSPSS15.0を動かすという海外の書き込みを自分で書いているではないか。ずっとXPを使っていたので他人ごとで書いていたことが、今になって役立つとは。

それによればVista HOTFIXを当てるとよいらしい。ところが、これが見つからない。見つけても、そのWindowsでは適用できないというエラーが出る。

結局、このVista HOTFIXとはWindowsのパッチではなく、SPSSの方のパッチだと気がついた。探したところ、以下で発見。
http://www.strath.ac.uk/it/software/spss/spss-patches15/

SPSS 15 Vista HOTFIX (.exe)をダウンロードしてパッチを当てたら警告などがでたもののライセンス認証できて使えるようになった。まだすべての機能は試せていないが、とりあえず簡単な統計量で試すと問題なく動いている。

自分の書き込みに救われるのは、これが初めてではない。備忘録万歳といったところか。
18:31  |  統計  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |