04月≪ 2015年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015.05/21(Thu)

TeXCrop 0.4

TeXPointのように数式画像を作成するWebツール TeXCrop 0.4
スポンサーサイト
12:50  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.05/21(Thu)

TeXインストーラー3のエラー

WindowsをXPからWindows7に変更したためTeXをインストール。

インスト-ラ3で簡単に導入できるはずが接続エラーで止まってしまう。

プロキシとかいろいろいじったり、試行錯誤した末、解決策を発見した。

原因はデフォルトのdvioutのURLであるftp://akagi.msu....。
他の選択肢のURLに変更したらスムーズにインストール成功。

うまく接続できないURLがデフォルト第一候補で出てくるのはどうなのか。
11:14  |  LaTeX  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.05/21(Thu)

2ちゃんねるスレッド保管庫ジェネレータ

2ちゃんねるのdatファイルをhtmlファイルに変換するプログラム「2ちゃんねるスレッド保管庫ジェネレータ」

使い方はダウンロードしたファイルのdat単体html変換ex.wsf のあとに***.datとファイル名を指定して実行。
00:08  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.05/14(Thu)

@chsの停止

@chsが今月末に終了するとのこと。連絡が来てから停止まで1ヶ月もないとはちょっとひどい。

@chsには避難所作成ツールというのがあったはずと思い直してしらべてみた。「したらば」のみの対応ということで
てっきり@chsの掲示板をしたらばに移せるものと思い込んでいたら、違った。

なんと「したらば」の掲示板を@chsの掲示板に避難させるツールだった。これでは逆である。

どうしたものか、みんな困っているだろう。
14:37  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.05/06(Wed)

気になるチェア- ヴァリエールのGRAVITY balans バランス・グラビティー

気になるチェア- ヴァリエールのGRAVITY balans バランス・グラビティー

アーロンチェアとフリーダムチェア、ストレスレスチェアを使用中。何の不満もないが、新たに気なるチェアが現れた。
ここまで従来のチェアと異なるとさすがに気になる。お問題は置き場所と価格か。

ちなみに別なメーカから出ているグラビティチェアというのもあるようで、こちらはヴァリエールの1/10くらいの値段で購入できる。
23:54  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.05/05(Tue)

Floodgate棋譜の検索で気がついたこと

10万局超のデータベースができたので、局面検索で新定跡の発掘に挑んで気がついたこと。

相横歩取りなど短手数で激しい将棋のニッチな局面を検索してみるが、Floodgate棋譜でもほとんどヒットしない。

たとえば、飯島栄治著「横歩取り超急戦のすべて」にあるような局面を作っても、コンピュータの棋譜より人間の棋譜がわずかにでるくらい。

考えてみれば、コンピュータはプロ棋士の棋譜を学習しているわけだからプロで現れないハメ手っぽい局面にはそもそも指さないということなのかもしれない。

数多く指しているのだから、何局かはそんな局面もあるに違いないというのは思い込みだったのかもしれない。
22:23  |  将棋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.05/05(Tue)

Floodgate棋譜を棋譜の管理へ

しばらく放置していたFloodgate棋譜を整理した。棋譜の管理に2014年度分まで登録したものの、Kifu for Windowsで局面を作成してツールの棋譜データベースで局面検索としても棋譜によってはエラーが出てしまう。

「以降はエラーを無視して続行」というボタンがあればよいのだが、それがないので繰り返しエラーウインドウが出てしまう。わずかなら無視できるが、多いので嫌になって検索をあきらめる羽目になっていた。

今回は気合いを入れて、エラーが出る度に、そのファイル名のファイルを手作業で削除していくことにした。かなり目に悪い。

わかったことはエラーが多いのは2014年の棋譜に多いと言うこと。それも「**引」とか「**直」とか登録された棋譜の形式にそもそも間違いがあるらしいケース、同じ対局なのに2つ登録されており、一方が間違っているか、おかしいというケースだった。

これは棋譜形式が明確に文書化されていないせいではないだろうか。ネットで見てもKIやKI2の棋譜形式の正式な構造は明らかにされていないようで、解析した人が推測したものしか見つからない。

CSAの棋譜形式は構造がパブリックでさすがにしっかりしているし、世界的にも通用するのだろうけれども数字とアルファベット、記号からなるので、視認性は劣る。国内では人気が出そうにない。

ともあれ、なんとか10万局以上を登録して局面検索出来るようになった。
22:15  |  将棋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |