09月≪ 2015年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2015.10/21(Wed)

右玉の棋譜

右玉の棋譜は少ない。将棋年鑑をみても年1~3局。しかもたいてい右玉が負ける結末。

ところが、Floodgateから右玉を抽出してみたら3849局もあった。今度は逆に多すぎる。
上位のプログラム同士の棋譜だけに絞り込まないといけないのかもしれない。
スポンサーサイト
02:29  |  将棋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.10/10(Sat)

KifuBaseデータベースの登録完了

過去のプロ棋譜とFloodgateの棋譜抽出プログラムで絞り込んだ棋譜を含めたデータベースがやっと完成。

登録数は298394局。上限の30万局の一歩手前。

それでもバイナリで作成しているので局面検索が非常に速い。

これだけ登録しても局面検索ではそうそうヒットしないケースがある。
同じ将棋は1局としてないというのを実感する。

この調子ならKifuBaseの上限を100万局にしてもすぐにまた限界になりそう。いっそ、1億局くらいを
上限にするというわけにはいかないのだろうか。
23:36  |  将棋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.10/07(Wed)

Floodgate棋譜抽出

Floodgateの棋譜をいじっている。とりあえず、読み筋をCSA表示から読みやすい表記に
一括変換するプログラムで前処理をしてからKifubaseに2013年から2015年現在までの
棋譜を24万局ほど登録した。

欲張って2008年からの棋譜にすると68万局ほどになり、これではKifuBaseの登録上限の
30万局を超えてしまう。

Floodgateの棋譜を絞り込むCSA2KIFプログラムで強豪ソフト同士の対局だけに絞ると
2万局以下になるのだが、これはこれで少ないため、局面検索でヒットすることが少なくなる。

そこでやはりCSA2KIFプログラムを使って強豪ソフトに限定せず、30手以上、250手以下の
棋譜で投了、詰み、入玉勝ち宣言だけに絞ったら5万局ほど減らせて63万局。
これでは、まだまだ多すぎる。

ということで50手以上、200手以下とかさらに絞り込みたいのだが、ここまで行くだけで
大変時間がかかってしまい、今日の作業は終了。

普通は一瞬で終わるファイルのコピー、削除、表示だけでも何十万ものファイルを扱うと
いちいち待つはめになる。

ちなみにWindows用ファイラーだと時間がかかりすぎてうんざりするのでDOS窓でファイル削除や
コピーをするようにしているのだが、それでも大変。

これが100万局分のファイルとかなるといったいどうなるのだろうか。
02:04  |  将棋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |