12月≪ 2016年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016.01/18(Mon)

糸谷流右玉

糸谷流右玉を指すようになったものの、形をしっているだけで指し方がわからない。

書籍もない。棋譜もない。

そこで本家の糸谷プロが奨励会時代に指していた棋譜を集めれば良いと気がついた。
調べてみるとハンドルネームはI-houshinだったらしい。あとは24万局集から、このハンドルで
抽出すれば良い。

前の記事で書いたように「kisekaki.exe」が動かなくて困ったり、対局者を手作業で入力したり、
右玉かどうかを棋譜再現させて確認したりと苦労したものの、とりあえず246局を集める
ことができた。

気になるのは勝率。調べてみると勝率0.525になる。とりあえず、0.5を切ってはいないので悪い
戦法というわけではないようだ。

並べてみて気がついたことは以下の通り。
1)対四間飛車にはほとんど糸谷流右玉が指されていない。まれにあるが、条件が限られるようだ。
 (飛車からの反発が強いので強襲されるためか。というか、確かにこれで自分は負けていることが多かった)
2)対中飛車、対向かい飛車、対三間飛車には糸谷流右玉が指されている。
3)対三間飛車で3五歩と伸ばされたときには糸谷流右玉はほとんど指されていない模様。
4)右玉とはいいながら、飛車を引いているとは限らない。
5)銀を腰掛け銀として指していたが、5三銀(5七銀)となるのが普通のようだ。

個人的には対中飛車には有力に感じる。
スポンサーサイト
23:50  |  将棋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2016.01/18(Mon)

棋泉から柿木の棋譜変換 kisekaki で障害

棋泉にある将棋倶楽部の24万対局集から棋譜を抽出しようとして問題が生じた。

普通は柿木さんが作成したフリーソフト kisekaki (棋泉→柿木将棋、棋譜コンバータ V1.01
作成:1994年7月11日Copyright (C) 1994 柿木義一、増本智宣)を利用するのが定跡。

ところが、Windows7 で実行できない。どうも kisekaki は16ビットアプリケーションらしく、
32ビットでも64ビットでもないので実行できない。これはどうしても解決できない問題
らしくてお手上げ。

結局、Windows XPが今なおインストールされているPCをみつけて棋泉から棋譜を
抽出した。

しかし、抽出できても対局者名が消えたり、棋譜情報が失われる仕様のようで、これは
これで困った。

kisekaki に変わるプログラムは存在しないようなので、できればバージョンアップして
欲しいが、無料ソフトなので無理も言えない。

本当は棋泉のデータベース仕様が公開されていれば、自作も考えられるのだが。
23:36  |  将棋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |