10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2015.08/23(Sun)

清野静男(1974) 将棋必修 実践型詰将棋新題 梧桐書院

手元に「清野静男(1974) 将棋必修 実践型詰将棋新題 梧桐書院」がある。

最初に「詰将棋心得一六章」というのがあってなかなかよい。

そのあとに「はじめに」となるのだが、その内容が結構衝撃的。

要約すると読者から身に覚えのない詰将棋の余詰めの指摘や非難を受けたということ
から、勝手に清野静男を名乗った詰将棋棋書が数冊も出版されていたことが判明した
という。

その「はじめに」の中で「今日までに私は、「必死と詰」、「新選詰将棋中63題」、「将棋世界の付録」と
「本書」の四冊だけを著作いたしました。また定跡書の著作は梧桐書院の「将棋の手ほどきと新戦術」が
あります。」と書いている。

この本が1974年(昭和49年)3月発行ということなので、この「はじめに」が正しければ
それ以前の発行で上記に当てはまらない清野著の書物は著者を騙ったニセモノということになる。
スポンサーサイト
12:48  |  将棋  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://derakun.blog74.fc2.com/tb.php/832-7a6165e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |