08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2016.08/14(Sun)

SPSSからSTATAへの欠損値変換

さて、SPSSのデータファイルをSPSSからSTATA8の形式で保存。

次にSTATAから文字コードを変換して(しないと文字化けしたデータファイルのまま)、
これで値ラベルは日本語にできる。日本語の変数名はVのついた変数名になっているので
rename V2 質問1
のように変換(Excelを利用して一気にコマンドラインから変換)。

これでほぼSPSSファイルがSTATAファイルに日本語化される。

しかし、問題がまだある。それは欠損値。STATAの欠損値はピリオド「.」で表現される。

SPSSで欠損値を事前に「.」にしておけばよさそうだが、数値変数の欠損値に「.」を指定
すると文字変数とみなされてうまくいかない。

したがって、STATAで変換する必要がある。

例えばSPSSで欠損値を「9999」「-9999」と指定していたらなら、そのままではSTATAでは
それがデータと見なされてしまう。

全ての変数で欠損値を「9999」「-9999」としていたので、以下をコマンドラインで走らせた。
mvdecode _all, mv(9999=.)
mvdecode _all, mv(-9999=.)

もし、すべての変数で欠損値を共通にしていなかったら、変数ごとに
replaceを使うことになったかも。

replace var1=. if var1==9999
replace var1=. if var1==-9999


スポンサーサイト
00:15  |  STATA  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://derakun.blog74.fc2.com/tb.php/867-c036d308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |