07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017.08/08(Tue)

DellのVostro1000でWifi

自宅のノートPCでDELLのVostro1000というのがあった。メモリは2Gしかないし、
WindowsはVistaという大昔のもの。

起動も動作も遅すぎて今は使っていなかったのだが、LInuxを載せてみることにした。
Ubuntu Mateを導入。Windows Vistaと共存できるようだが、面倒は避けてクリーン
インストール。

ここで問題が生じた。Wifiにつなごうとしてもつながらない。FnキーとF2キーの同時押しで
無線モードになり、電源横のランプが点灯するはずがつかない。

仕方がないのでUSBで使える超コンパクト無線LAN子機(I-O DATA WN-G150UMK)を
買ってきた。パッケージのうたい文句に「買ってすぐ使える ドライバーインストール不要」
とあるし、1000円台と安いので。

しかし、ドライバーインストール不要あるのにCDが付属していてイヤな予感を覚える。
案の定、Wifiにつながらない。I-O DATAが悪いわけではなく、対応がWindowsと明記
してるのだからLinuxで使用しようとするこちらに無理があった。

結局、USB無線子機は諦めて、ネットで情報を探す。以下を参考にした。
https://askubuntu.com/questions/101632/dell-vostro-1000-broadcom-wireless-connection

上の情報が消えてもOKなように改めて書くと、端末のウインドウから次のように打ち込んで
ドライバの情報を得る(必ずしも必要なし)。
$ sudo lspci -v
$ sudo lspci -nn

要はVostro1000に対してUbuntuは間違ったドライバーを入れてしまうということらしい。
だから、それを削除して正しいモノをインストールすれば動くというわけ。

後は以下のコマンドを打ち込む。何か足りないというエラーが出たりするが、無視。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install firmware-b43-installer
$ sudo apt-get remove bcmwl-kernel-source
$ sudo reboot

再起動後にFnキーとF2キーを押して無事Wifiを使えるようになった。
購入してきた超コンパクト無線LAN子機(I-O DATA WN-G150UMK)は無駄になったが、
安いし、他のどこかで使うだろうと考えてあきらめる。
スポンサーサイト
00:33  |  コンピュータ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://derakun.blog74.fc2.com/tb.php/896-16a2449f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |