FC2ブログ

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2018.05/24(Thu)

PSPPメニューの日本語化

PSPPのメニューの日本語化でなぜか,日本語化されない単語がいくつあった。

原因がわからないのでウクライナ版のファイルを調べて比べてみた。

分かったことは微妙な違い。この違いがなんなのかは分からずじまい。元々の英語に問題があるのかもしれない。

例えば
msgid "Clear _Variables"
msgstr "変数の削除"

msgid "Cl_ear Cases"
msgstr "ケースの削除"

msgid "K _Independent Samples..."
msgstr "K_個の独立したサンプル検定"

必要の無いところに空白があったり,「_ 」の位置が違っていたりで翻訳されていないことが判明。
以下の修正を加えた。
--------------
msgid "_Open"
msgstr "開く"

msgid "_New"
msgstr "新規作成"

msgid "_Quit"
msgstr "終了"

msgid "_Import Data..."
msgstr "データの取り込み..."

msgid "_Display Data File Information"
msgstr "データ情報表示"

msgid "_Recently Used Data"
msgstr "最近利用したデータ"

msgid "_Insert Variable"
msgstr "変数の挿入"

msgid "_Insert Case"
msgstr "ケースの挿入"

msgid "Cu_t"
msgstr "カット(_C)"

msgid "_Paste"
msgstr "ペースト"

msgid "Clear _Variables"
msgstr "変数の削除"

msgid "Cl_ear Cases"
msgstr "ケースの削除"

msgid "_Go To Variable..."
msgstr "変数へ移動"

msgid "_Go To Case..."
msgstr "ケースへ移動"

msgid "_Chi Square..."
msgstr "カイ二乗検定"

msgid "_Runs..."
msgstr "ラン検定"

msgid "_1 Sample K-S..."
msgstr "1サンプル・コルモゴロフ–スミルノフ検定"

msgid "_2 Related Samples..."
msgstr "2個の連関サンプル検定"

msgid "_K Related Samples..."
msgstr "K個の連関サンプル検定"

msgid "K _Independent Samples..."
msgstr "K_個の独立したサンプル検定"

msgid "_Factor:"
msgstr "要因(_F):"

msgid "_Factor Analysis..."
msgstr "因子分析"

msgid "_Univariate Analysis..."
msgstr "一般線形モデル・一変量(_U) ..."
-------------------
修正されたpspp.poファイルをpoeditorでpspp.moファイルにコンパイルして,
C:\Program Files\PSPP\share\locale\ja\LC_MESSAGES\
にコピーすれば日本語化される。


スポンサーサイト
16:10  |  統計  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://derakun.blog74.fc2.com/tb.php/922-6233adb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |